痩せると決めたらダウンロード!入力楽ちんアプリ「Noom」

アプリ
ちゅら
はじめまして。元エステティシャン2児のママ「ちゅら」です。
痩せたいのに中々痩せないんだよな~もう何しても痩せない体質なのかもしれないな

このままの体じゃいけないと思っているあなた。思っているだけでは体重は変わりません!!痩せたいならばしっかりと自分の今の体の状態を把握することが大切です。

エステに初めてご来店された方にも一番はじめに

・問診(いつから気になっているか・気になる部位・食習慣など)

・触診(セルライトの状態・脂肪の固さ・皮膚のたるみの状態など)

を行い、お客様の状態を把握し、それに合った施術を行っていきます。

 

ダイエットは一言でお伝えすると、とっっても単純で

消費カロリー(運動量)よりも摂取カロリー(食べる量)が上回っていれば太ります。

もっと簡単に言えば食べ過ぎですね。

えええ~!!でもわたしそんなに食べていないとおもいますよ~。

その気持ちわかります、私もそう思い続けていました。

全然食べてないよと言いながら「いや~毎日子供と一緒って疲れるな~たまにのお出かけだもん、スタバ飲もう」や「今日は子供がおかずばかり食べて白米食べなかったな。白米は炊き立てが1番美味しいから冷凍するくらいならこの3口分くらいたべちゃおう」の自分への甘やかしが原因でできたこの体。積み重ねるのは本当に簡単な体重ですが、厄介なことに落とすのには太るにつれて変わってしまった味覚や食べる量、食べたい気持ち、買い物のクセ・・・と様々なことを直していかなくてはならないのです。

まずは自分が何を食べ、どのくらいのカロリーを摂り、どうして太っているのかアプリを使って自分の体を徹底的に分析していきましょう。



ダイエットアプリnoomはシンプルで使いやすい

noomをおすすめするポイントは以下の4つです。

①邪魔な広告がなくてストレスフリー

開くたびに広告がでてくるダイエットアプリすごく嫌で。noomは間違えて広告をクリックすることがない所がとても良い。

②ダイエットアプリ初心者の方にもわかりやすい

毎日入力するならばシンプルイズベスト!カテゴリーが多すぎないから分かりやすい。

③即グラフ化で数字の変化が目で見て分かる

体重や体脂肪を入力すると即グラフ化このペースでいくと〇月〇日に目標達成!など目安化もしてくれる。

④エクササイズも記録・計測ができる

運動も記録できる種類が豊富なためより正確な数値を記録することが可能

 

 

Noom

Noom

Noom, Inc.無料posted withアプリーチ

 

まずアプリをダウンロードして流れに沿って入力していきましょう。

性別・名前・年齢・身長(cmを選ぶ)を入力し「次へ」

Bioという欄は未記入でも次へ進めます。

自分の目標体重をメモリにあわせて・・・

私は45キロを目指しています。平均体重より低いゾーンですが美容体重まで最終的にはもっていきます。

下の画面は「Noomコーチ」をつける場合、プログラム作成のための選択のようです。私は無料会員のまま続けるので、とりあえず適当に「ゆるめ」を選択。

流れに沿っていくとこんな画面になって「詳しく見る」を押すと有料版のお勧めがあります。

「Noom」は有料版が5000円なのです!!500円の間違いかなと思いましたが5000円でした。アプリの有料版でこんなに高い値段を正直はじめてみました。びっくり。しかしジムに通うよりは安いかも…?無料版でもとっても使いやすいので一体月5000円って何をしてくれるんだー!毎日毎日アプリを開くたびに大きく「有料版はこちらへ」とか促されるわけではないのでご安心を。いつか有料版も試してみようかなとか考えつつ進みます。





食事の入力

では早速使っていきます。こちらが「Noom」のホーム画面です。「体重」ではなく「カロリー」や「食事」が入力しやすいような作りになっていますよね。レコーディングダイエットメインで始める方にはすごくおすすめです。今日の食事を入力するため「食事をログする」を選びましょう。

 

今どきのダイエットアプリって本当にすごいなとおもうのが例えば「豆腐」と入力すれば

ササっと出てくるのですがそれだけではなくメニューがとにかくいっぱいあって

私の大好きな「相模屋」の豆腐の項目が・・・めっちゃある!!

もちろんこれは1部分です。ざっと数えた所「相模屋 豆腐」は64項目もありました。

そんなに種類があったとは!!なければナイで、それに近い商品から選べますし

 

 

バーコードを撮影して簡単に入力することもできるのです~!!(写真ブレすぎなのは読み込めなかったためです。すみません)ただ、今はごく1部の商品のバーコードにしか対応していないようなので出てこない商品も沢山あります。順次増やしていくといった感じですね。

お昼はコンビニが多い・・・という方は「セブン おにぎり」などコンビニ名を入れてみて頂くと検索しやすくなりますよ。

 

例えば「フルーツグラノーラ」。自分で食べた量を細かく入力もできます。少ししか食べていないので「小鉢二分の一」を選びました。右上にある「完了」ボタンを押すと

 

 

このような画面が出てきます。この日は朝に197キロカロリーを取り、残り1003キロカロリーが許容範囲ということがわかりますね。朝分かるとその日1日の食事を選ぶ基準にもなりますし、夜ご飯を食べながら入力していると(お行儀が悪くてすみません)、危ない!1日の基準を超えちゃう!コロッケは1個残そう!!という目安にもなります。

 

夜ご飯を食べ、入力が終わると「ログを忘れずに」と画面にでますので「ログ」しましょう。

ログ・・・記録というような意味合いですね。

 

分析画面で食べたものの分析してみます。

 

この日の摂取カロリーは許容範囲内だったものの、あと少しでカロリーオーバーするところでした。

 

 

ミートソーススパゲティが原因ですね。1人前ではなく0.7人前くらいにしておけばよかったなあ。



エクササイズの入力

記録するエクササイズ(運動)も沢山選べます。スクロールするとまだ沢山ありますし「庭掃除」なんて項目もあります。自分が1日どの位運動したかを数値化して記録できると、分析するときにとても役に立ちます。

 

 

例えば位置情報をONにして、「エクササイズを開始する」の「ウォーキング」を選択すると、現在の位置情報が出てきて、歩数計を使ってカウントまでアプリが行ってくれるのでものすごく楽ちんです。歩いた場所も記録されますよ。

特に何も触らなくても歩数を「Noom」がカウントしてくれますが、ポケットに入れておいたり、手に持っていないとカウントされないのでその点はお気をつけ下さい。

 

体重管理画面

 

入力すればすぐにグラフにしてくれるので一目で分かります。このままこのグラフのように体重が順調に落ちていくとどうなるか…

私は1月6日に目標体重に到達するようです!なんかそういわれると・・できそうな気がする!!

しかしここは毎日変わるのと、グラフ通りに落ちればなのであくまでも目安に。

 

まとめ

シンプルだけど高機能な「Noom」ですが私的に欠点が1つ。それは【過去の数値を入力できないこと】です。アプリをダウンロードしたその日からの数値になるので、例えば今まで記録していた体重を入力しグラフ化したいという場合は入力できませんのでご注意くださいませ。

エステティシャン時代、お客様には「ダイエットノート」を記入してもらい毎回アドバイスをさせていただき、体重の変化グラフも表に手書きで書いたものを一人一人作っていました。

書いて満足、外出の時持っていかなかったから書かない、カロリー計算がめんどくさい・・・で続かなかったという方も

・書いて満足→そのまま書き続けて分析しよう!

・外出時になかった→スマホなら持ってるよね!

・カロリー計算面倒→アプリがやってくれるから大丈夫!!

になるわけです。

星に願っても、目標体重をみんなに宣言したとしても行動しなければ変わりません。ダイエットアプリはあなたのダイエットの「軸」になりますので自分に合った使いやすいものを使用していきましょう。