元美容部員が何度浮気しても必ず戻る【魅惑のアイライナー】

美容
ちゅら
もうかれこれ出会って10年くらい経ちますが、何度違うアイライナーに変えても必ずまた戻ってしまうアイライナーがあるのです。
今まであんまりアイライナー1つにこだわったことがないのですが…
ちゅら
とにかく描きやすいのでアイライナーが苦手な方にも是非試していただきたいです。

 

かれこれ100本位は余裕で アイライナーを試している私。美容部員時代は休憩中に使っていないテスターを少しお借りして毎日のように色々な種類や色を使って楽しんでいました。

アットコスメで働いていた時に、アイライナーがずらりと並んでいるコーナーで1本1本テスターをお掃除しながらパッケージを見て商品を勉強していると「このアイライナーめちゃめちゃ描きやすいよ」と通りすがりの店長が教えてくれたのが「Love Linerリキッド」。当時めちゃめちゃ売れていた訳ではなく、パッケージにものすごくインパクトがあるわけでもなく、他の店舗でもメインで陳列されている所など見たこともなかったので沢山種類のあるアイライナーコーナーの中に埋もれてて、完全に盲点でした。

 

 

このアルミボトルの光沢感がかわいい…。お化粧ポーチに入れておくとキラリとするので見つけやすくて見た目も大好きです。

銀座カラー 脱毛キャンペーン

Love Liner(ラブライナー)3つのおすすめポイント

①とにかく描きやすい

メイク直しの時に友人に貸してあげたときの一言は「何これ?描きやすっっ!!」でした。

描きやすい理由はアルミボトルのちょうど良い重みと毛質のコシにあります。アイライナーなのに重いの?と思うかもしれませんが手が痛くなるほど重たくはありませんのでご安心くださいませ。手ブレを防ぐための絶妙な重たさに設計されており、先端の毛質が0.1㎜の極細毛なのにしっかりと線が描けるようになっています。なめらかに描けるので目の周りの微妙なカーブや、隙間埋めや見せたい目元を自在に作りやすくなっています。

②にじみにくい

最強に落ちない、どんなにこすっても全然落ちないと断言する!ということはありませんが、落ちにくく、大泣きして落ちたとしても落ち方が綺麗なのでパンダお目目で目の周り真っ黒…になったことはありません。【WPウォータープルーフ】だけでなく【汗・皮脂・涙】にも強いので日常生活を送っている分にはほぼにじみません。

③目元のことをよく考えている

「ラブ・ライナー」はリンゴ果実培養細胞エキス、マイクロヒアルロン酸FCH®、センブリエキス等の美容成分等の保湿成分が高配合されているので目元とまつ毛のW保湿ケアをしてくれます。お顔全体の皮膚は体と比べるとだいぶ薄いのですが、その中でも目の周りの表皮は特に薄く約0.02㎜。目の周りには皮脂腺もないので乾燥しやすくトラブルが出やすいのです。たまにアイライナーを引くとすごく乾いてピリピリしてくる物があるのですが、保湿成分がたっぷり入っているので毎日使っていても乾くことなく安心して使えるのがとても良いです。また、目元の色素沈着を防ぐ顔料を使用しているのでこすらず優しくメイクオフできるように作られているというのもありがたい。目元はゴシゴシしてしまうとシワになりやすいですからね。

以上3点が主なおすすめポイントですが、デザインもコスパも大好きです。

定価 1600円(税抜き)
ドラッグストアや雑貨店などで手軽に購入できる
リキッドタイプ・ペンシルタイプがある

リキッドタイプは現在全部で5色出ています。

・ブラック
濃密ブラック。はっきりつやつやで存在感がある
・ダークブラウン
ブラックとブラウンの中間の色味なので強すぎないけれどしっかり目元を際立たせる
・ブラウン
赤みが強いブラウンで普段ブラックを使っている人だと色味が薄く感じてしまうかもしれない。可愛い印象に
・ミルクティブラウン
ブラウンより黄みよりで肌に馴染むようなナチュラルな仕上がり
・グレージュ
グレー×ベージュで透き通るようなシャープなニュアンスカラー

私はずっとブラックを使用していたのですが、最近は強いアイメイクをしなくなったのでダークブラウンに落ち着きました。ブラックよりは柔らかい印象になるけど色味がしっかりでて目元がはっきりします。

今ご自身で使われているアイライナーがブラックの方が「ラブ・ライナー」のブラウン・ミルクティブラウン・グレージュを使うともしかしたらすごく薄く感じてしまうかもしれません。ブラウンは赤みが強いので目が際立つというよりもっとほわんと広がるような印象になりますし。ミルクティブラウンはブラックを使用している方からしたら「アイライナー引いてるのかな??」という位ナチュラル。グレージュは「グレー」ではなく「グレー×ベージュ」なのでベージュがグレーの強さを引いて優しいグレーになっています。

ですので購入してみたものの「描きやすいけど色味がちょっと…」とならないようにメイクに合わせた色味を使ってみてください。

ダークブラウンはこんなパッケージになっています。

キャップは必ず「カチ」っと音がなるまで閉めるように。乾きや液漏れの原因になってしまいます。

 

最後にかれこれ100本位はアイライナーを試した私が好まないアイライナー

・瞬きするとあっとゆう間にまぶたに線がつく
柔らかいペンシルタイプに多いのですが、アイラインをひいたはずなのに瞬きした瞬間に線が移動。アイラインもアイシャドウもやり直しでガッカリ
・描いても描いても描けない
手の甲で試した時は描きやすいと思ってたのに、全然色は出ないしこんなに力入れて描いてたら目がもたない
・ガリガリする
これもまた目が痛い~のパターン。ペン先が異様に固いものって意外とよくあります
・すぐに筆先がパサパサしてくる
筆先が1本でも違う方向に行ってしまうともう無理です。アイライン引いてるのに目に筆先入ってしまったり違う所にまで線引いてしまったり…
・超極細すぎる&極太すぎる
あまりにも細すぎるタイプだと引いても意味がないんじゃないかなという位細い。細すぎて線を描きたすのが手間。太すぎるタイプだと私の二重の幅がアイラインで大半を埋め尽くされアイシャドウが綺麗にみえない

 

アイライナー、同じように見えても使い比べて見えてみると全然違います。アイメイクが大好きな方も、アイライナーを引くのが苦手な方も是非試してみて下さい。